◎清水清三郎商店株式会社 (作) <三重>
1869年鈴鹿市若松村で創業した清水清三郎商店。数多の歴史書に
「味酒鈴鹿国(うまざけすずかのくに)」と記述されているほどで、
鈴鹿山脈の伏流水と良質な米がとれる伊勢平野の恩恵を受け、
醸造業が盛んな地域でした。現在もその文化を継承し、鈴鹿川流域の川俣神社では
「味酒祭」が毎年催されています。代表銘柄「作」は地元三重県産のお米のみを使用。
品評会に出品するお酒を仕込まれることが多い600㎏~800㎏ほどの小さめのタンク採用。
蔵元が意図していない状態で飲み手にわたることを防ぐためにすべて火入れ処理を
施すなど、数えきれないこだわりの逸品です。手間を惜しまず細部までこだわりぬき、
これからも鈴鹿国の味酒を全国へ発信しています。

1件の結果を表示中

1件の結果を表示中