瀧自慢

◎瀧自慢酒造株式会社 (瀧自慢) <三重>
瀧自慢酒造は三重県山間部、奈良との県境に広がる伊賀盆地に位置しています。
寒暖差が大きい盆地特有の気候と、赤目四十八滝の伏流水、伊賀盆地で栽培されている
地元の山田錦を使った酒作りは、美酒を造るうえでの条件がそろっています。
さらに瀧自慢酒蔵では一切の妥協を許さない蔵の姿勢までも銘酒の条件に挙げています。
手を掛けられるところには隅々まで手をかける酒造りへの姿勢がうかがえます。
2016年に行われた伊勢志摩サミットでは、乾杯酒・食中酒の両方で採用され、
各国の要人たちが口にした、世界を知るお酒です。「百人が一杯飲む酒より、
一人が百杯飲みたくなる酒」という考えのもと瀧自慢酒蔵の酒造りに妥協はありません。

全 6 件を表示

全 6 件を表示