白瀑・山本

◎株式会社山本酒造店 (白瀑・山本) <秋田>
明治34年に日本海沿岸の八森村(現八峰町)にて創業した山本酒造店。
秋田県北西部に位置し、ハタハタ漁でも有名な海の街に蔵を構えています。
「酒造りは米造りから」を徹底し、蔵元自ら酒米を栽培。仕込み水にも使われている
白神山地の湧水を使用し、その約半分は無農薬、無化学肥料栽培で行っています。
 代表銘柄に創業当初から作られている「白瀑」、そして現社長6代目 山本友文氏が
てがけた「山本」があります。消費者が求めるキレイな酒を目指すため、杜氏制を廃止し、
蔵人全員が主体的に酒造りを行い、味や風味について意見を出し合います。
目を惹くようなパッケージやネーミング、蔵人一人一人が責任を持ちながら、
それでいて遊び心を忘れない。山本酒造店の酒造りの神髄はそこにあります。

全 6 件を表示

全 6 件を表示