明鏡止水

◎大澤酒造株式会社 (明鏡止水) <長野>
銘酒「明鏡止水」を醸す大澤酒造は、長野県東部の北佐久郡望月町茂田井
(現・佐久市茂田井)に蔵を構えます。望月は古くから書道の街として知られており、
先代社長と交友があった書道家・吉野大臣によって明鏡止水はじめ多くの銘柄の題字を
手掛けています。銘柄名の明鏡止水は一点の陰りもないまでに磨き上げられた鏡や、
静止して揺るがない水面のように研ぎ澄まされた心境という意味があり、名の通り
澄み切った味わいを表現しています。米から作るお酒である以上米の旨味を活かすこと、
個性を引き出すことを造り酒屋の使命と考え心がけています。日本最古の酒が発見された
伝統蔵として、日本文化である酒造りを通じて多くの人たちを感動させることでしょう。

全 5 件を表示

全 5 件を表示