乾坤一

◎株式会社大沼酒造店 (乾坤一) <宮城>
正徳2年(1712年)創業の大沼酒造店。銘酒「乾坤一」を醸す蔵元として、
風情ある蔵は歴史情緒あふれる街のシンボル的な存在として親しまれており、
その味わいも長年愛されてきました。
大沼酒造では地元の米、水、人を活かしてこそ本物の地酒という考えのもと酒造りを
行っています。昭和の地酒ブームが起きていた当時、県産の酒造好適米がなかったことから
飯米のササニシキを使用。コストが高く扱いが難しい飯米で、酒造りを続けたことが、
今では蔵の個性となって愛好家たちを楽しませています。現在はササニシキのほか、
明治から昭和にかけてつくられた「愛国」や、ササニシキの親のお米に当たる「ササシグレ」
なども使用し、醸しています。
300年以上の歴史をもつ蔵は、これからも地域に愛される酒造りを目指していきます。

全 3 件を表示

全 3 件を表示