秋 鹿

◎秋鹿酒造有限会社 (秋鹿) <大阪>
大阪最北端の地、能勢地方で酒造りをしている秋鹿酒造。京都府の府境近くの
自然豊かなこの土地は、夏季は昼夜の温度差が10度以上、冬の寒気には−5度を
したまわることもある盆地特有の気候で、酒造りに適した土地です。
造りは米作りから”をまさに体現している蔵元で、「農醸一貫」という言葉を

掲げています。酒米栽培の第一人者である永谷正治氏から受け継いだ農法で
蔵元主導による酒米の栽培を、他の蔵元に先駆けてスタート。
夏は全社員総出で米作りを行い、冬に酒造りをしています。多くの蔵では、

メーカーとして毎年安定した酒質を求めがちですが、秋鹿酒造ではその年の
お米の特徴を、出来不出来も両方含めて大切にしています。
米造りと酒造りを一貫して行っている秋鹿酒造が醸すお酒は能勢の地の
テロワールをよく感じられるお酒に仕上がっています。

全 3 件を表示

全 3 件を表示